ロンドンの変化


先週末にいったエセックスがターナーの絵の世界みたいな風景でよかった。 エセックスといえば、ロンドナーからかなり馬鹿にされているけど海辺の町は風景や雰囲気がロンドンとはまた違ってすごく新鮮。

造船所やアトリエみたいな場所も多々あるし、エセックス今まで行く機会がなかったけど面白そうなエリアだと思った。

ロンドンは、わたしの場合はモッズ縁の地という事でかなり執着しているけどもしモッズの事がなかったらロンドンにそこまで執着したかな?と最近疑問に思う。

イギリス人から見放された街とすら言われている現代のロンドンと、わたしが好きなモッズを生んだロンドンはまた全くの別物だと思う。

ロンドンは住みやすいし面白いしモッズへの執着は散漫になりつつも相変わらずなので良いのだけど。

モッズにハマる⇒ロンドン留学⇒日本に戻る⇒イギリスに移住、の過程のなかでロンドン留学時が一番モッズとロンドンが線でつながっていた感じがする。

わたしの年齢が21歳くらいと若かったので、いまと物事の見方が変わっている感は否めないのだけど、なんというかロンドン自体の雰囲気が変わったと思う。

良いとか悪いとかではなく、違う街になったような感じが時々する。

なんでかはわからないけど、時間のながれとかではなくもっと人工的な変化というか。

ところで今週末、バンクホリデーなのをすっかり忘れてて締切をかぶせてしまったので全然ゆっくり出来ないのだけど仕事自体はかなり好きなように出来るものなので頑張りたいと思う。

夏のイベントも申し込んだし、しばらくウダウダ謎の絵を生産したり仕事に時間を使いまくっていたけど自分の作りたいものに時間をかけて夏を過ごそうと思う。


RECENT POST