ポズナンのオタクイベントPyrkon


このブログ、ポーランドに関する記事のアクセス数がすごくて、もしかして世の中の人々はポーランドの情報を物凄く欲しているのかってくらいなんですが、私が書いてるのがポーランド+ポーランドのオタク文化だから「ポーランドへの興味」なのか「ポーランド(および外国の)オタク文化への興味」なのかどっちなんだろう。

検索ワードに両方入っているから旅行情報を求めている人にとっては、イギリス在住のオタクがポーランドのオタク情報をねちねち書いているのはかなり奇妙だろうなあと思う。

ポーランドのオタク文化に関してゆーりゃんさんという方のブログ「ぽーりゃん。」に写真つきでかなり詳しく書かれているのでそちらをオススメ致します。

私はクラクフにしか行った事がないので、ワルシャワやポズナン、ウッチなど他の都市についてはまったく知識がないばかりか、3月にポーランドにいくまで他都市の名前をワルシャワ以外知らなかった…

6月にはワルシャワへも行くけど会社の支店にすこし顔だしておいでよ、と言われもしかしたら支店の人々はポーランドが好きな人(外国籍でポーランドに出向になっている人とか)もいるのではと期待しているけど、どうだろう。

会社に所属していながらアレだけど、会社の人のことはよくわからない。

ポーランドのオタクネタとしてもうすぐPyrkon(ピルコン)と呼ばれるイベントがポズナンであるらしい。2017年は4月28日~30日まで。

ラインのポーランド人が詳しく教えてくれたけど、宿泊施設(合宿場)もあれば、昼夜とわず小さな部屋で雑談会が開かれ好みのテーマの部屋に飛び込んで意見交換ができ、イベントの夜にはお酒が振る舞われ演奏やダンスがあり(ここがすごく外国人的だなと思った)ポーランド一のオタクイベントらしい。 オタクイベント、というか色々な趣味趣向を集めたイベントらしく日本のコミケに近い雰囲気。

二次創作同人誌/グッズはないものの様々なハンドメイド、コミックや絵、服なども売られているらしい。 コミティア+デザフェス母体にそこにコミケを混ぜた感じかな。

オタクイベントというくくりで言うならクラクフのMagnificonが最も巨大らしいけど、聞いた所カオス具合はPyrkonがかなり高そう。

ラインのポーランド人もPyrkonをかなり推している。

よくよく考えたら3月までポーランドの位置すらアヤフヤ(チェコは昔からすきだったからその隣、って位のイメージしかなく)だった人間が、毎日オタクネタでポーランド人とラインしてるとはこれを考えるとマンガ・アニメ・ゲームというのは本当に国境や国籍を超えるもんだなーと思う。

そしてこの記事を書いてて気づいたけど私は日本のオタクイベント(コミケやらインテやらオンリーやら問わず)のカオス感がすごく好きで、それに近いものをポーランドのイベントに発見してここまで固執しているのかもと思う。

企業色が強いとどうしても商業の匂いが強くなる(スポンサーがいないと成り立たないのもわかっているのですが)けど、同志のみで立ち上げられ大体のサークルが儲けは二の次で作りたいものを作っているあの無秩序のようで根本は一緒みたいな。 語彙力ないので上手くかけないけど「熱意」みたいなのがすごい。ドイツのイベントの動画みた時も同じように思った。

というわけで6月のポーランド行きを指折り数えてるんだけどタイミングあわず今回はポーランドのオタクイベントには行けないので、次回こそは!と思っている。 でもビザの更新で6月以降、パスポート没収されるのでイギリス国外にでれなくなるためいくなら来年かな。 もしかしたら更新に半年かかるよ~と聞いて下手したら今年半分はイギリスにひきこもりになりそうな予感。


RECENT POST
CATEGORY
ARCHIVE
​SNS
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • LinkedIn - Black Circle
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black LinkedIn Icon

miomatsuoka0731"at"gmail.com

London, United kingdom

Search

(C) 2015 Mio Matsuoka, All Rights Reserved.